1. HOME
  2. 事業概要
  3. 研修プログラム
  4. 基本の研修
  5. SIY体験プログラム:SIY-ex

研修プログラム

基本・人材開発・組織開発・メンタルヘルス

基本の研修

SIY体験プログラム:SIY-ex

SIY サーチ・インサイド・ユアセルフ

SIYは、 最新の「脳科学」で有効性が確認されている「マインドフルネス」を活用し、感情的知性と呼ばれる「エモーショナル・インテリジェンス(EI)」を磨きます。

本プログラムは、サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)を体験できるダイジェスト版プログラムです。SIY国際認定講師がお届けします。SIY正式プログラムはこちらになります。

【SIY体験プログラムの内容】

(現在位置の確認)
・ S I Yとは
・ 数値データから見る現代人の心の傾向

(マインドフルネス)
・ オートパイロットとマインドフルネスの適用
・ マインドフルネスの科学的根拠
・ 実践法:集中瞑想
・ 実践法:マインドフル・リスニング
・ ミニ実践法:三呼吸
・ ミニ実践法:落ち着くための時間

(エモーショナル・インテリジェンス)
・ エモーショナル・インテリジェンスの基礎と効果
★自己認識
・ 実践法:ジャーナリング
★自己管理
・ 脳科学で分かるイライラの仕組み
・ 実践法:イラッとした時の対処法
★共感
・ 脳科学で分かる共感の仕組み
・ 実践法:共感&つながりのワーク
・ ミニ実践法:対人関係に効くワーク

【サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)】

「マインドフルネス」の実践を通じ、「EI」の基盤となる「自己認識」を深め、心の奥底にある価値観やニーズに自ら気づき、自分自身に対する理解を深め人生の現在地点を確認します。思考や感情の傾向と反応に気づき、「自己管理能力」を高めることで、自ら望む将来に向かって自分自身を導くことができるようになります。

また、「共感」や「思いやり」を持ったコミュニケーションを通じて、影響力を揮い、他人の感情に働きかけることで難しい状況や人間関係を巧みに調整し、重要なことを成し遂げながら幸せな友好関係を築くことができるようになります。

EIを磨くための技術や理論を学び、様々な実践を体験することで、大切な心のスキル=自分や人と深くつながるスキルが向上し、自分らしく賢く生きることができるようになります。

2007年にGoogleで誕生し、マイクロソフト、Facebook、SAPなど一流企業がリーダーシッププログラムとして社内導入し、その内容は高く評価されています。現在50カ国以上で10万人以上の人が受講しています。

【このワークショップを体感すると】
体感講座では、SIYで実際に紹介しているワークの一部を体験することで、SIYの基本的な内容を理解することができます。マインドフルネス、エモーショナルインテリジェンスについて、ワークを通じて体感することができます。本プログラムは、SIY正式プログラムではないことを予めご了承ください。正式プログラムについてのご相談は、マインドフルネスプロジェクトまでお問い合わせください。

【こんな企業にオススメ】
・ SIYに興味がある
・ セルフマネジメントができる人材を育成したい
・ リーダーシップを発揮できる人材を育成したい
・ 建設的な人間関係を構築したい
・ 感情との関わり方を学びたい

【SIY受講者感想】

“自分の中の価値観や本当にやりたいと思っていること、困難に感じていること等がクリアになりました。自分と向き合う事は出来ていたつもりでしたが、まっさらな飾らない本来の自分と出会えた気がします。”

“自分を深く知れました。知っていたつもりでしたが、もっと深い部分での気付きがありました。それによって他者への理解も深まりました。”

“心落ち着く時間が持てました。ジャーナリングで自分を客観的に見れました。ワークを通して人からのコメントやストーリーを受け取り、自分のことでも新たな気づきを得ることができました。”

“雑念や不安が心の中からかなり減り、「そこにいる自分」「いまここ」を実践することができました。胸の部分からフワッと温かくなりました。”

“モヤモヤしていた気持ちが晴れ間に変わりました。 自分のストレス感情に気づき、ラベリングして、蒸発させることによって隙間が生まれました。 解放された気分になりました。”

“職場、家庭、自身の趣味とあらゆる場面での活用がイメージできました。せわしい中でもふと数分、瞑想する時間を設け、自身と対話していけたらと思います。 ”

“瞑想で自分の思考を探る、感情を感じるという事は続けていきたいです。気づき、発見、学びが沢山あり、自分の価値観や人生観にも影響を与えて貰えたと思います。 ”

【金額】マインドフルネスプロジェクトまでお問い合わせください。

【その他】
動きやすいカジュアルな服装でご参加ください。
筆記用具(ペン、ノート)をご持参ください。