マインドフルネスプロジェクトは、2020年5月5日、5月6日に株式会社LOTUS主催のResetCampでランナー向けマインドフルネスをお伝えしました。2日間通じて約70名の方々にご参加いただき、「マインドフルラン」というコンセプトをお伝えしました。



プログラム内容 


(Day1)
マインドフルネスとは
マインドフルランとは
WIN呼吸
呼吸瞑想
ボディスキャン
ありがとうウォーク
価値発見のジャーナリング

(Day2)
刺激と反応の間
観察瞑想
ドラえもん瞑想
マインドフルランの応用
マインドフルライフ
これからの行き方を発見するジャーナリング

マインドフルランとは


コンセプトは、「マインドフルラン」です。マインドフルランでは、トレーニング中やレース中に、心や体、周囲の状態に気づき、オートパイロット状態から抜け出し、最適な選択ができるようになることを目指します。


5ヶ月間で3700キロのアメリカ横断をしたウルトラランナーのリッキーゲイツは、走っているときに自分に問いかけると述べています。

「全てのつま先を使えているか?」
「軸はまっすぐだろうか?」
「肩はリラックスしているか?」
「顎は食いしばっているか?」


また、数々の大会で優勝経験のあるティモシーオルソンは、マインドフルネスは、心を強化するトレーニングであり、走りがフローに入りやすくなると述べています。

マインドフルネスとは


マインドフルネスは、端的に表現すれば、「気づいている」ことです。「注意力」と「観察力」を駆使して、「気づいて」いきます。


「注意力」と「観察力」が高まってくると「刺激」と「反応」の間に空間を作ることができるようになり、最適な反応を選択できるようになっていきます。


例えば、多くのランナーがレース前に仕事や人間関係などレースと関係のないことを考えてしまい、落ち着かず集中できないままスタートを切る経験をしています。

また、レース中には残りの距離や制限時間を気にしたり、怪我や体力の不安が心の中をよぎったりします。そのような思考が心を支配すると肉体に影響を及ぼし本来のパフォーマンスを発揮することが難しくなってしまいます。

これらの心の中に現れる様々な思考や感情は、パフォーマンスに影響を及ぼす自分の中からの刺激となります。天候やコース状態などは自分の外からの刺激となります。

これらの様々な刺激に対し、冷静に懸命な判断を重ねていくことが、目標の走りに近づいていくアプローチとなります。

マインドフルランの応用例


日々のトレーニングでは、ジムを出て外を走ることやヘッドフォンやGPSのギアを外して走ることを提案します。

ジムで走るよりも様々な変化を経験することで、五感を使いながら走ることができます。レース中、トレーニング中に自分の状態に気づくためには体に備わっているこの五感センサーを働かせることが大切です。五感を磨くためにも外を走ることをお勧めします。


音楽を聴いて走るのは気分転換にもなり楽しいかもしれません。GPSなどのギアは心拍数や距離やスピードなどを数値化することで、ランニングを管理するのに便利かもしれません。

テクノロジーに頼りすぎてしまうと、本来の自分の体の声に気づきにくくなってしまい、姿勢や歩幅、腕の振りなど体感覚に気づきにくくなってしまします。体の声を聞くのはケガの予防にもなります。ペースを落とすか、チャレンジするか、リタイアするか。今後の競技人生を楽しむためにもレース中の懸命な判断はとても大切なことです。

また、結果にこだわりながら走るのではなく、心身の状態に気付きながら走っているこの瞬間に注意を向けて走ることで、集中力が高まり、結果的に良い成績につながります。マインドフルランでは、結果にこだわるのではなく、プロセスを楽しみながら走るスタイルへとシフトチェンジしていきます。

お勧めの書籍


参加者からご質問いただいたので、お勧めの書籍を3冊ご紹介いたします。ヴィクトール・フランクル著「夜と霧」、フィル・ジャクソン著「勝利の真髄」、ヨンゲイ・ミンゲール・リンポチェ著「今、ここを生きる」です。ヴィクトール・フランクルとフィル・ジャクソンは、ResetCampのコンテンツの中でお伝えしました。


ヴィクトール・フランクルは、第二次世界大戦中の強制収容所を生き残った心理学者です。フィル・ジャクソンは、NBAでシカゴ・ブルズとロサンゼルス・レイカーズを率いて通算11回の優勝経験のある名監督です。


ヨンゲイ・ミンゲール・リンポチェは、ResetCampではお伝えしませんでしたが、「地球上で最も幸せな男」との異名を持つチベット仏教の僧侶です。幼少期にパニック症候群を経験し、瞑想の力でそれを克服していきました。「今、ここを生きる」は、マインドフルネスの基本と科学的な側面を学ぶには最適の本かと思います。一流の科学者である生物学者のフランシスコ・バレーラ、神経科学者のリチャード・デイヴィッドソンらとの交流があり、瞑想と脳の関係を分かりやすく解説しています。

コーチとリトリートのご案内


マインドフルネスプロジェクトでは、個人向け、チーム向けのコーチングを請け負っております。お気軽にご相談くださいませ。また、リトリートを企画しておりますので、ぜひご参加くださいませ。ご希望者にはご案内をお送りしますので、ご連絡先をお教えくださいませ。こちらからお問い合わせくださいませ。



株式会社LOTUSについて


株式会社LOTUSは、「自然な状態」で「ヒールストライクを軽減出来る」シューズをコンセプトにランニングシューズ「アルトラ」シリーズを展開しております。

マインドフルネスプロジェクト は、2020年3月14日、15日に鎌倉でリトリートを開催します。テーマは「デトックス」です。主なプログラム内容は、ストレスケアを中心に心をデトックスするための「マインドフルネス」、体質改善を促し体をデトックスするための「ファスティング」です。今後、鎌倉を中心に定期的にリトリートを開催予定です。



お申し込みはこちらからどうぞ https://kamakura-retreat.peatix.com/


テーマ 心身のデトックス


誰のためでもないただ自分のための時間。
鎌倉で過ごす極上の2日間。
 
ファスティングで体のデトックス
マインドフルネスで心のデトックス
スマホオフでデジタルデトックス

食品添加物、雑念、情報。

余計なものを身体にも心にも入れないで、
身体の中、心の中をきれいにお掃除しませんか。



あなたにとって本当に必要なものは何でしょうか?
あなたの身体と心は何を求めているでしょうか?
今、あなたにとって大切なことは何でしょうか?
 
忙しない日々を過ごしているビジネスパースンや主婦の方が、
気持ちの切り替え、体のリセットをできる時間と空間をご用意しました!

セーリングのスイス代表チームの定宿、
天気が良いと富士山が一望できる最高のロケーションです!

開催概要

【名称】☆鎌倉☆ “Luxary” リトリート

【日時】2020年3月14日〜15日

【場所】鎌倉 リゾート一軒家貸切

【内容】宿泊型リトリート(マインドフルネス、ファスティング)

【スケジュール】

Day1 3月14日(土)

13時半 鎌倉駅江ノ電改札
14時半 

・ チェックイン
・ オリエンテーション
・ 健康状態のチェック

15時半

(身体と向き合う時間)

・ 栄養学、生理学的なファスティングの内容と効果
・ リトリート後の継続的なファスティング実践法
・ ボディワーク、マインドフルヨガ

(心と向き合う時間)
・ 脳神経科学で有効性が確認されたマインドフルネス瞑想の実践
・ 潜在意識にアクセスするジャーナリング
・ 新しい自分へのきっかけを作るシェアリング

21時半就寝



Day2 3月15日(日)

5時  起床

5時半 マインドフルウォーキング
6時  海でマインドフルネス瞑想+ヨガ
8時 トレッキング

9時半 片付け
10時  チェックアウト
11時  カフェでヘルシーなランチ(回復職)

13時  解散


☆デジタルデトックス☆
自由時間以外はオフラインでお過ごしください。
2日間、オフラインでいることをお勧めしますが、
連絡が必要な場合は自由時間に行うようにお願いします。

(自由時間の予定)
1日目 30分ほど
2日目 解散までオフライン

☆参加にあたっての事前準備等☆
小麦、スイーツ、脂っこいものは1週間前から減らしてください。
カフェインは1週間前から控えてください。

ファスティングは夜ご飯と朝ご飯を抜きます。
14日(当日)のお昼ご飯は和食で腹7分目に抑えてください。

リトリート中はファスティング専用ドリンクでミネラルや代謝に必要な栄養素を摂取します。

お申し込みはこちらからどうぞ https://kamakura-retreat.peatix.com/

講師

カイロプラクティックプレイス 
TAKUMI 院長 中村貴博

1973年生まれ。横浜市出身。
・2003年日本カイロプラクテイックドクター専門学院卒業
・一般社団法人 分子整合医学美容食育協会公認 エキスパートファスティングマイスター

公務員時代、夜も眠れないほどのアトピーがカイロプラクティックで改善した経験から自身もこの世界に入る。企業の福利厚生で施術を提供する独自のスタイルを確立。カンボジアやブラジルなど、海外でも研鑽を積み、2008年に横浜の大倉山で開院。県外からの来院も多く、地域No.1の評価を得ている。地域貢献のため、小学校で「姿勢講座」を開催。人気講座となっている。


 

マインドフルネスプロジェクト 
代表 伊藤穣

1974年生まれ。横浜市出身。
・ SIY認定講師
・ 米国NTI 認定栄養コンサルタント
・ 米国フィトメディックラボ認定 酵素・栄養セラピスト

一部上場企業課長職/関連会社役員経験。自身が体調を壊したことをきっかけに、予防医学を研究し心と体を整えることが健康への道であることを悟る。マインドフルネスの実践を通じて、生きる意味や働く意味を自問し、幸福のあり方を探求。VUCA時代に、マインドフルネスを活用した「人を生かす」企業経営をサポートするためにMindfulnessProjectを展開。日本では数少ないSIYの認定講師。

 

【主催】 

【共催】