【コラム】国際連合でマインドフルネスとコンパッションを推奨

国際連合では、国連職員向けに心身の健康について、ガイドラインを発表しています。ガイドラインは、①不安な時の対処方法 ②リモートワークの働き方 ③コロナウイルスについての子供との会話方法 ④ストレスケアの4つです。①不安な時の対処方法は、9項目あり、マインドフルネスの実践とコンパッションの姿勢が含まれています。国連のサイトには、英語ですが、瞑想とヨガの音声ガイドが聞けるようになっています。


国連職員のための心身の健康法

ニューノーマルでは、心理的な健全性について、新しい習慣といくつかの創造的な考えが必要である。私たちの多くがフルタイムでリモートワークをしなければならなず、勤務時間中に若者と高齢者の家族の世話をする必要があり、行き詰まってしまい孤立感を覚えたり、愛する人たちと離れ離れになり、定期的な運動や社会活動の選択肢が減ってしまった今、私たちは、心と体の健康を維持するための方法について、今までとは異なり、創造的に考えなければならない。ここにいくつかのヒントとリソースを提示します。


Wellbeing tips for UN Personnel

https://www.un.org/en/coronavirus/wellness

A new normal requires new habits and some creative thinking about your psychological well-being. Now that many of us are forced to work remotely full-time, need to take care of young and old family members during working hours, are feeling stuck or isolated, are separated from loved ones, and have reduced options for regular physical exercise and social activities, we must think differently and creatively about ways to keep healthy in mind and body. Here are some tips and resources:

不安な時の対処法(アメリカ心理学会とユニセフを採用)

・ 視野を広く保つこと
・ 事実を取ること
・ 子供とコミュニケーションを図ること
・ 基本的な健康方法を思い出すこと
・ 仕事と生活のバランスを保つこと
・ 創造的にテクノロジーを使って定期的に友達や家族と連絡を取り合うこと
・ マインドフルネスを実践すること
・ メディアのニュース、特にテレビのニュースに触れる機会を制限し、代わり
  に新聞記事を読むこと
・ 逆境に対する良い対抗策は、優しさとコンパッションである

Tips if you are feeling anxious

 (adapted from apa.org and unicef.org)

Keep things in perspective.
Get the facts.
Communicate with your children
Remember basic well-being practices
Maintain work/life balance.
Stay in regular contact with friends/family, and use technology creatively to do this.
Practice mindfulness. 
Regulate your news media monitoring, especially TV news. Read articles, instead.
A good antidote to adversity is kindness and compassion.