【コラム】 〜コロナ対策〜 免疫とマインドフルネス ②

前コラムでは、3つの”デミック”で現状を認識した。「パンデミック(ウイルス)」「インフォデミック(情報)」を経て、現在は、経験(エクスペリエンス)が感染していくステージ「エクスペリデミック(経験)」とマインドフルネスプロジェクトでは認識している。

政府からの要請に基づいて、リモートワークや学校の休校などで、私たちの肉体的な自由が制限される中で、今までの生活が思い通りにできない不自由さを経験する。また、職場の同僚や家族知人が感染し、COVID-19に実体験として触れる段階であり、身を以て異常事態を痛感させられる出来事を経験する。

心は自由

このような状況下で、まずは、一旦立ち止まり、肉体的な不自由さの中であっても、心は自由であることを思い出したい。そして、健全なライフスタイルを確立していくための智慧をマインドフルネスの考え方の中に見出していきたい。


マインドフルネスを活用して、「不要不急の思考や感情に振り回されず、心の免疫力を高める」ためのアプローチとして、今回は、「体の免疫」についての理解を深め、「心の免疫」との共通項を見出し、マインドフルネスを通じた心の免疫力を高めるための手がかりを得ていく。

体の免疫

そもそも免疫とはなんであろうか。

免疫は病気や感染症から体を守る防衛システムで、日本語では、疫を免れる、病気にならないという意味に取れる。

英語では、「immunity」と表記され、語源はラテン語の「immunitas」である。課役(munitas)から免除されるという意味である。中世以来、教会領内の住民が行政上、司法上、国家権力によって拘束されないような特権を指す言葉である。

これが転じて、免疫学においては、病気を免れるという意味で、「immunity(免疫)」という言葉が使われている。



免疫は、様々な免疫細胞が関わって成り立つシステムである。細菌やウイルスなどの外敵から身を守るために、白血球に属する細胞群が免疫チームを組成し、感染された細胞を修復したり、もしくは正常な細胞が感染されるのを防ぎ、体内に感染が広がるのを抑える防衛システムである。

「自己」と「非自己」の認識

この免疫の仕組みを機能させるために、大切なことは、「自己」と「非自己」の識別である。この識別ができなければ、外敵を認識することができず、適切な防衛反応を行うことはできない。「非自己」成分が体内で増殖し、「自己」の生体の恒常性を乱し、病気に感染するリスクが高まるのである。

関節リウマチなどの自己免疫疾患は「自己」の成分を正しく認識できず、「自己」を誤って「非自己」として認識し自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を起こす。

免疫の仕組みや働きについての詳細は専門誌や専門サイトでご確認いただくとして、このコラムでは、「心の免疫力」を考える上で参考となる「自己」と「非自己」の認識の仕組みについて取り上げる。


実は、ウイルスや細菌などの「非自己」の外敵が体内に入ってくると、体ではすぐにそれを「非自己」であると認識することはできない。つまり、COVID-19が体内に入ってきても、すぐに外敵とは見なされないということである。

では、どうやって「非自己」と認識するのだろうか。それは、「自己」の「非自己」化によって認識するのである。やや分かりにくいかもしれないが、これは免疫の仕組みを理解する上で、大切な部分である。「自己」の「非自己」化とは、今まで「自己」と認識していたものが、「自己」ではなくなるということである。

ざっくりとしたイメージで言えば、織田信長に仕えていた忠臣、明智光秀が本能寺の変を起こしたように、細胞の中で謀反が起こるような現象が起きて初めて、外敵侵入のサインを体は感知するのである。「光秀、今までよく仕えていたのに、なぜ?」という状態になって、免疫細胞チームの防衛システムが作動する。

「非自己化」のプロセス

順を追って説明していく。

胸部、心臓の前あたりに胸腺という器官がある。この胸腺は、「自己」と「非自己」を識別する能力を決定する免疫の中枢器官である。胸腺は、10代で最も大きく35グラムほどになり、40代では半分、60代では4分の1、80代になると脂肪に置き換えられて痕跡程度になる。

胸腺は、英語ではThymusと表記され、胸腺で作られる免疫細胞の一部はこの頭文字をとって「T細胞」と呼ばれ、T細胞は、「非自己」の成分を排除するための免疫反応の主役である。T細胞には、様々な種類があり、それぞれに役割がある。ここでは、T細胞の中でも、監視役「ヘルパーT細胞」を取り上げる。ヘルパーT細胞は、「自己」と「非自己」を識別する監視官のような働きをし、免疫細胞チームに臨戦態勢に入るよう指示をする免疫反応の司令塔である。


樹状細胞やマクロファージなどの免疫細胞は、ウイルスや細菌などの外敵が体内に侵入してくると、「非自己」成分を自らの細胞内に取り込み、侵入者のかけらを侵入されたことの目印として自らの細胞膜上に提示する。

味方の城に敵が攻め入り、攻略され今まで味方の印であった青旗を掲げていたところに敵方の印である赤旗を掲げ、敵方の城になっったことを明らかにするように、今まで「自己」の細胞であったものが、今や「非自己」になったことを提示する。

「非自己」化した細胞をヘルパーT細胞が発見すると、免疫細胞チームに情報を伝達し、免疫細胞チームが連携して外敵排除の動きを活性化する。この「自己」の「非自己」化のプロセスをきっかけに、精妙な免疫システムがダイナミックに働き始めるのである。


「自己認識」から始まる免疫

免疫において極めて大切なことは、その第一段階となる「自己」と「非自己」の「認識」である。この認識が適切に行わなければ、適切な免疫反応が起こらない。免疫システムは、生化学的な「自己認識」から始まるのである。一方で、マインドフルネスは、精神的な「自己認識」を深めていく。ここに、「体の免疫」と「心の免疫」の共通項として「自己認識」が浮上する。

あなたが意識していないところで、体内では自分の体を守るために、自分の体を絶えず「観察」しているのである。実は、この「認識」や「観察」が、マインドフルネスにおいても大切な精神活動であり、「心の免疫力」を高めるためにも必要なことなのである。

体の免疫において、自己認識の重要性を理解した上で、次回のコラムでは、心の免疫力を高めるためにマインドフルネスをどのように活用できるかにアプローチする。