【レポート】 〜SIY が国連本部で紹介されました(SDGs達成のために)〜

2019年5月17日にマインドフルネスとエモーショナルインテリジェンスが、SGDs(※)を達成するための具体的な方法として、国連本部で紹介されました。SIYLIのCEOリッチ・フェルナンデス博士は、SIYの内容や採用事例、具体的な効果について、報告しました。


EIの効果

リッチ氏は、ストレス社会の現状に対して、エモーショナルインテリジェンス(EI)が有効であることをエビデンスを示しながら、説明を行いました。EIは、神経可塑性という脳の特性に働きかけることで、トレーニングできることが様々な研究により明らかになっています。心の知能指数と言われるEIを高めることで、認識力や自己管理力を高めるだけでなく、円滑な人間関係を構築することが期待され、個人のパフォーマンス、生産性が向上し、リーダーシップを発揮する人材が増え、幸福感を高めることができると考えられています。

2018年のダボス会議では、2022年に必要とされるビジネススキルとして、革新性、学習能力、創造性と共にEIがトップ10入りしています。

SIYとは

SIYは脳科学で有効性が実証されたマインドフルネスの実践法をベースに、意図的に気づきや注意管理力を高めることでEIを高めるプログラムとしてデザインされています。SIYは2007年にグーグル社が開発したプログラムで、現在では50カ国以上で実施され、様々な分野で採用されています。

SIYの効果

SIYの参加者による調査結果から、集中力、回復力、リーダーシップなどの項目で、著しい改善が見られます。例えば、プログラムの前後比較で、集中力とメンタルコンディションが改善した人は、39%から65%に増加しています。困難な状況でも自分を落ち着かせることができるようになった人は、37%から66%に増加しています。意見が合わないときでさえ、相手の立場に立って相手を理解することができるようになった人は、45%から64%に増加しています。


SIYを採用している大手企業SAPでは数千人が受講しており、集中力、働き甲斐、幸福感、創造性、チームワークなどが向上し、ストレス反応が減少する結果となっています。これらのポジティブな結果は、生産性や創造性が高まることで収益性の改善につながります。また、従業員の内発的動機が高まり離職率が低下し人材採用、育成に関わるコスト低減にもつながります。

このような企業を中心にした実施結果を鑑みると、マインドフルネスとEIが向上すれば、結果として国連の掲げるSDGs達成の可能性も高まることを示唆しています。

(※)SDGsとは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。貧困や飢餓、健康や教育、エネルギー問題、働きがいや経済成長、気候変動問題などに対する17の項目から構成されています。

リッチ氏国連講演 動画

以下、実際の国連本部でのリッチ氏の講演動画です。

Here is a recording of my talk last week at the United Nations Headquarters in New York City, on how mindfulness and emotional intelligence can support the achievement of the UN's Sustainable Development Goals (SDGs). I hope that what I shared will be of service and benefit. For me, it was a magic moment to present these ideas and tools in such a storied institution! The SDGS are: 1) No Poverty, 2) Zero Hunger, 3) Good Health and Well-being, 4) Quality Education, 5) Gender Equality, 6) Clean Water and Sanitation, 7) Affordable and Clean Energy, 8) Decent Work and Economic Growth, 9) Industry, Innovation, and Infrastructure, 10) Reducing Inequality, 11) Sustainable Cities and Communities, 12) Responsible Consumption and Production, 13) Climate Action, 14) Life Below Water, 15) Life On Land, 16) Peace, Justice, and Strong Institutions, 17) Partnerships for the Goals

Richard Michael Fernandezさんの投稿 2019年5月21日火曜日

#マインドフルネス #EI #SIY #SDGs